HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » 情報収集や情報共有の速効性が売り!?

情報収集や情報共有の速効性が売り!?

ソーシャルメディアの活用が活発だ。中でも、速効性の電子クーポンやその電子クーポンの共同購入などへ参入する会社が多くなってきた。日々新たなクーポンサイトが立ち上がっている。

また、電通が始めた「Xappy(ザッピー)」は、検索して情報収集する今までのスタイルから、情報を必要としている人へ、ザッピーが自動収集してサイトを表示させるサービスを展開したようだ(インターネットをテレビのように閲覧してみませんか?:J-CAST ニュース 2010年8月6日付)。

自分が必要としている情報収集としてのサイトだけでもよし、自分があまり積極的に検索しない分野のサイトまでもチェックできる。おいしい食べ物を、いわば直接口まで持って行ってくれるような感じでもある。おもしろいものだけをチョイスしてチェックできることが便利である。

このサイトでの機能で、クリップとはブックマークのような機能で、飽きたら入れ替えればよい。PCでの利用とiPhoneでの利用を試みたが、iPhoneでの使い勝手も良さそうで、このサイトの目的である「ザッピング」感が強い。

PCでは、xappy.jpの中で各種サイトをチェックさせているので、ネット利用者のザッピング状況はログデータとして運営者側に残る。

これら行動データなどを、どのように使うかが興味深い。

詳しく知るために情報提供元のサイトに行かなくても、RSSで読み込んでいるようで、サマリーだけで十分な時もあるかもしれない。こういう場合はなぜ、そのサイトに行かなかったのか、も重要なデータとなるだろう。

ネット利用者からすれば、RSSリーダーとしての役目も果たしてくれ、メールやツイッターで共有するための「シェアリング機能」もあり、速効性は高くなっているので、わりと使いやすいかもしれない。

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[情報収集や情報共有の速効性が売り!?] 2010年8月 6日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事