HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » 急ぐべきか!?電子書籍ビジネスへの対応

急ぐべきか!?電子書籍ビジネスへの対応

すでに、iPhoneなどのスマートフォンやiPadに代表されるタブレットPCを使っている人なら、今後電子書籍が多くなり、自分も電子書籍なら購入してもいいか、と思うであろう。実際に体験しないとわからないものである。

株式会社ネットマイルが2010年7月29日付で発表した「電子書籍の現状と今後」についてのアンケート調査結果では、電子書籍利用経験があるのは全体の1割以上で2割には、まだ達していないようだ。

電子書籍を利用したいと思わない理由が記載されている。「目が疲れそう」 「電子書籍を利用する必然性を感じない」 「大切な本は紙書籍で本棚に保管しておきたい」という回答が多かったらしい。

ただ、上記結果によれば、電子書籍利用者の半数はデスクトップPC"や"ノートPC"ということであり、iPhoneやiPad非常に見やすくなった端末が浸透すれば、現状の調査結果の数値は変わってくると思われる。

電子書籍は出版社、本屋さん、印刷系の会社もどんどんアクションを起こしており、とくに地方では、危機感がより強いのであろう。実に興味深い現象である。

参考:

フタバ図書がネット書店方針:2010年7月29日付中国新聞
電子書籍で自費出版、低予算で 姫路の印刷会社:2010年7月29日付神戸新聞
電子書籍:ネットで単行本、丸ごと無料 あすから札幌の出版社、5冊を公開/北海道:2010年7月29日付毎日jp
柏艪舎の電子書籍無料公開キャンペーン

(明日からのようです!)下記は上記柏艪舎さんのサイトからの抜粋・引用
-----------------------------------------------------------------
期間:第一弾 7月30日12:00~8月31日12:00
第二弾 8月31日12:00~9月30日12:00

形式:Actibook

申込方法:お読みになりたい本をお選びいただき、申込ページからお名前、メールアドレスをご入力いただきますと、閲覧サイトのURLとID、パスワードをお送りいたします。
iPhone、iPad、PC(弊社ホームページ)で閲覧できます。
-----------------------------------------------------------------

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[急ぐべきか!?電子書籍ビジネスへの対応] 2010年7月29日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事