HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » クーポンの共同購入方式とソーシャルメディアとの速効型マーケ

クーポンの共同購入方式とソーシャルメディアとの速効型マーケ

クーポンビジネスが加速している。リクルートの「pomparade(ポンパレード)」に続き、株式会社USENは、「ピタチケット」を8月9日に開始すると発表している。どちらも、クーポンの共同購入と自前のネットワークが大きなポイントとなっている。

また、共同購入方式は今まで楽天などの大手ネットショッピングで、既に慣れている共同購入方式であり、取引成立枚数が設定され、その枚数を上回らないと取引が成立しないようなしくみである。販売が成立すると、pomparadeの場合店舗から受け取る手数料は20%前後としている。

「ピタチケット」では、枚数限定、地域限定、時間限定で速効型。メールやtwitterで情報を素早くキャッチさせ、ソーシャルメディアでの口コミ効果も促進し、さらに、芸能人、モデル、著名人が通うお店など、メガホン的要素も入れたレコメンド効果も投入している。

マーケティング的に見ると、現在のネットの潮流を良さを余すところなく押さえているところが、実に興味深い。

iPhoneやXperia(エクスペリア)に代表されるスマートフォンを購入した人で、今までSNSやツイッターなどのソーシャルメディアを始めていなかった人も、これを機会に参加する人も多くなっている。こうした流れももフラッシュマーケティングを成功させる要因となっていることも否めない事実だ。

参考:
USENがクーポン共同購入サイトに進出、「ピタチケット」を8月9日スタート
Internet.watch 2010年7月26日付

リクルートがクーポン共同購入サイトに参入、「ポンパレード」開始へ
Internet.watch 2010年7月15日付

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[クーポンの共同購入方式とソーシャルメディアとの速効型マーケ] 2010年7月27日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事