HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » 時間限定速攻型のフラッシュマーケティングの効果はいかに?

時間限定速攻型のフラッシュマーケティングの効果はいかに?

今まで日本では中々浸透しなかったクーポンを使ったマーケティングも、ネットやケータイの威力によって、現在いろいろ使われるようになってきた。ツイッターやSNS、QRコード、ケータイなど組み合わせで、素早く訴求できるようになってきたことが大きな要因である。

BtoC企業のプロモーションにおいての「限定」は、それが基本を形成するので、今流行りの「フラッシュマーケティング」と言われる手法は「時間限定速攻型」として効果的である。あまり経費もかからず、コンバージョンもわかりやすく、結果に直結するので期待度は高い。

今までのCGMのようなデータ蓄積タイプのメディアとは異なり、ツイッターやSNSなどの発信頻度や発信速度が速いユーザーが増えたことで、このような速攻型の魅力がより引き出されている。来店促進等ショップ系の販促では実に効果的だ。事実、参加する会社やこの事業に参入する企業も増えている(piku KAUPON Qpon)。

まだスタートしたばかりで、現在参入各社の実績値が重要となり、それこそ"速攻"で参加する会社や新規のショップの取り込みが急務となる。現在のところ、話題性も高いので、どれくらいの効果があるのか、あるいは、自社や自分のお店で使えるのかどうか、一度試してみるのもいいのでは。

自社で運営するための、クーポンシステム販売サイトとして、クーポンシステム.jpというのも立ち上がったようだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[時間限定速攻型のフラッシュマーケティングの効果はいかに?] 2010年6月25日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事