HOME » CRMブログ アーカイブ » どのような理由で自社の優良顧客になっているのか?

どのような理由で自社の優良顧客になっているのか?

デフレ化のマーケティング戦略において、どのような対応をすればいいのだろうか。今までの自社商品やサービスをどのように提供すれば、売上につながるのだろうか。この時期においては、来年を見据えた様々な実施案が出ている。しかし、新規顧客獲得のための価格訴求も体力勝負になるまで切り詰め、厳しく費用対効果が問われているプロモーションももはや大きな失敗は許されない状況だ。

その中でも、自社顧客の内、あまり景気に左右されない優良顧客をターゲットとした戦略も多くに企業において進められている。サービス強化やお得感・納得感をアピールし、顧客維持を目標として、少しでも購入回数や単価アップが出来れば、新規顧客による売上を補充出来ればという思いもある。現状況で、優良なお得意様を失うマイナスをなんとか防ぎたいからだ。

そこで、問題になるのはターゲットである。既存客の中でも、どの層まで優良顧客とするかどうかである。また、優良顧客の中にはプロモーションにあまり興味がないこともある。自社顧客がどのような理由やこだわりで、自社のお得意様になっているのか。今後のためにも是非チェックした方がよさそうだ。

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[どのような理由で自社の優良顧客になっているのか?] 2009年12月 7日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事