HOME » CRMブログ アーカイブ » 低価格商品の拡販から取り組む戦略

低価格商品の拡販から取り組む戦略

商品を販売するには、リアル店舗やネット店舗、あるいは代理店などを間にいれるなど、それぞれの戦略がある。そうしたチャネルごとの販売戦略は企業各社それぞれが日夜様々な作戦を練っているにちがいない。

2009年2月13日付の日経MJには化粧品訪販を主体としたノエビアの展開が記事として掲載されている。代理店方式をとっている販売体制において、約18万の代理店が動いているようだ。顧客層分析データや代理店データを駆使して、営業販売のコントロールをしていることが述べられている。この冷えている景気環境化では低価格品を売ることが販売の出発点と指導しているらしい。

もともと米国から来たこうした個人代理店が多い化粧品訪販は、モチベーションとスタートが大事で、米国は主婦がプロ意識をもっている人が多いせいか成功事例も多かったが、日本では副業としてやっても、中々プロ的なセールス力が身に付かないという問題点もあった。

同社では客層分析データや代理店データベースを元に、いろいろなアドバイスなどをして、低価格商品の拡販から取り組んだことも成功しているようだ。現状のような消費環境では訪販のみならず、他販売チャネルでも参考になる記事であろう。

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加

[低価格商品の拡販から取り組む戦略] 2009年2月16日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事