HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » セカンドハンドのWEBサイト

セカンドハンドのWEBサイト

forsale.jpgアクセスが多く、検索順位が上位に表示しており、結構人気サイトでも何らかの理由で消えてなくなることもある。それは非常にもったいないことで、ドメインごとまるまるWEBサイトを買い取って再利用できるかもしれない。

そんな不要になったWEBサイトを売買するサービスをメディアネット株式会社がビジネスマッチングサイト「サイトキャッチャー」というサービスを開始したと、2005年6月13日付のVentureNow e-ベンチャービジネスニュースに『メディアネット、不要になったWebサイトを売買する「サイトキャッチャー」 』という見出しで掲載されていた。

このマッチングササービスは、不要になったWebサイトを登録することで、Webサイト購入を考えている複数の企業からの見積りを入手し、ドメインごと販売するようだ。つまり、セカンドハンドのWEBサイト売買という感じでしょうか。

Webサイトが突然閉鎖し検索エンジンの上位に表示している。しかしそのWebサイトがない場合や類似したWebサイトを立ち上げたい場合、あるいは運営に資金や手間がかかるので、閉鎖したWebサイトを買い取りたいといったニーズに応える、としている。目的と購入者のニーズなどが合致すれば、結構お得な「物件」もあるかもしれない。とくに「SEO」済みは高いのだろうか?

利用料金は、購入希望者は無料。出品者からは個人で月額600円、企業で1,600円、また手数料は、申し込みメールを受信した時点で1,500~3,000円(2005.6.13現在)という設定のようである。おもしろいマッチングビジネスである。是非がんばって頂きたい。

[セカンドハンドのWEBサイト] 2005年6月13日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事