HOME » ブログ アーカイブ » 広がるsuicaの用途

広がるsuicaの用途

suica56.jpg新しくて便利なものを使うと、今までのものが古く見えてしまい、もう後戻りできなくなってしまう。suicaを使ってからは、それが利用できるところでは必ず使うようになってしまった。あの「ピっ!」というスピーディーさに慣れてしまったからだ。このsuicaの用途がどんどん広がっている。

このsuicaを鍵として使い、コインロッカーや飲料水自販機、食券販売などの試験導入が始まったようだ。また、交通広告の連動も開発したとして、2005年2月9日付の日本経済新聞朝刊15面には、そうした広告手法が記事として掲載されていた。

記事によれば、駅掲示板の内容に興味を持った乗客が、掲示板に装備されたデータ読み取り装置にsuicaをかざすと、予めsuicaに登録された携帯のメールアドレスに、広告主の携帯サイトのURLが届くようなしくみらしい。また、割引クーポン型もあり、上記と同様にクーポンを申し込むと駅構内店舗で受け取れるようだ。Suicaはこのように広告媒体の付加価値ツールとしても利用され、その用途の広がりは実に興味深い。

2005 年2 月8 日付のsuica発表資料には

「Suica ステーション・うえの」スタート!~“Suica で変わる新しい生活”を、まるごと体験できます!~小銭要らずで、簡単スピーディな決済が可能となりました。「ステーションルネッサンス」第1 号としてリニューアル3 周年を迎える上野駅では、2月22 日(火)よりSuica 対応の飲料自販機やコインロッカーの登場など、Suica の様々な新しいサービスを体験していただけます。あわせて上野駅のほとんどの店舗でSuica がご利用いただけるようになります。ますます進化するSuica を上野駅で是非ご体験ください、と書かれていた。

いち早く試したい方は、2月22 日(火)から上野駅へ。上野駅まるごとSuica」プレゼントキャンペーンも2005 年2 月22 日(火)~3 月9 日(水)まで実施されている。

「Suica 対応飲料自販機」「Suica 対応Suica 対応飲料自販機」
設置台数: 30 台(3 階Dila 内「喜多そば」前にはSuica 対応自販機コーナーを設置)

「Suica 対応コインロッカー」
設置場所:しのばず口改札外(2 基)

「Suica 対応食券券売機」
設置場所:3 階Dila 内の「あじさい茶屋」、「喜多そば」、カレー「タイム」の3 店舗に導入。

Suica を利用した新交通広告ポスターの試行「Suica ポスタースクエア」
試行期間: 2 月22 日(火)~3 月21 日(月)
【ポスターにSuica をタッチすると携帯電話に情報配信】(事前登録必要)

[広がるsuicaの用途] 2005年2月10日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事