HOME » WEBマーケティングブログ アーカイブ » 毎日は勘弁してください!

毎日は勘弁してください!

コラム.jpg寒くなってから出不精で、お歳暮をネットで水産物を頼んでみた。『北海道の蟹しゃぶセット』は実においしそうな写真であったからだ。水産物なので獲れたてのものをお送りします、ということで発送日は後日メールでという案内であった。

しかし、発送日のお知らせメールよりも先に、Eメール広告が配信される。それもほぼ毎日『かに、かに、かに』という内容である。ECサイトにおいては何かあってはと、メインアドレスを使っている。でも、メイラーを開くたびに『かにメール』を見なければならない。Eメール広告のチェックボックスをはずし忘れると大変なことになるのである。きっと同じような経験者も多いのではないだろうか。

さすがにEメール配信を解約しようと思ったが、解約の方法が記載されていない。記載されているフリーダイヤルへ電話すると、明るい声で『電話番号をお教え下さい』と言われ、『それではメールは送りませんので・・・』という応対でした。0か10か、その間はないのだろうか。せめて毎月一回なら許容範囲で納得もするが、あるいは年末商戦というのも理解できる。ただ、ほぼ毎日のように『かにかにメール』を見る気にはならないのである。

再購入もあり、ロイヤルティを感じるかもしれない。そんな微妙な時期にプッシュし過ぎると、このような結果になる可能性は高い。WEBサイトの活用はプル、プル、プル、プッシュ、プル、プルぐらいで、明らかにプル戦略を大切にする必要がある。事実、お歳暮なので本人は食べていない。そのためのプッシュなのだろうか。『購入したあなたも食べてください!』ということなのか。この毎日のEメール広告で自宅用を購入する気持ちがそがれたことは確かである。

そのメールの最後に『プライバシーの保護について:お客さまからお預かりした個人情報(住所氏名/メールアドレス/ご購入商品等)を業務上必要な配送業務関係者以外の第三者に譲渡または公開するようなことは決して致しません!』とあったが、一旦オプトインしたら、どんどんプッシュする以前に、まずビジネスそのものを考え、加えて顧客対応の基本をお客様の立場で考えるべきであろう。

今後はECサイトでのショッピングにおいても、フリーメールアドレスの方がいいかもしれない!

[毎日は勘弁してください!] 2003年12月18日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

関連記事