HOME » コールセンター » コールセンターブログ » コールセンター&電話応対の「実践!アウトバウンド講座」 in 東京

コールセンター&電話応対の「実践!アウトバウンド講座」 in 東京

campus1.jpg
現在、RICコールセンター・キャンパス実践研修講座が開催されています。この実践講座は、管理者やオペレータの方々を対象にしたコンタクトセンターや電話応対に必要な、専門的知識やノウハウを提供する公開研修プログラムです。

豊富なコンタクトセンターの教育・研修やコンサルティングの経験を持つ、当社のスペシャリストは実践!アウトバウンド講座を担当します。

即現場で活用できるワークシートやツールなどを持ち帰られる点が特徴です。

単なる講義だけではなく、ディスカッションやインタラクティブなやり取りを取り入れて、演習やロールプレイングなど「体感」できるエクササイズも提供しています。

2006年に開講以来、延べ受講生数は3700名を超えています(2013年12月現在)。
 
ぜひ、実践!アウトバウンド講座にご参加ください。

実施時期:2014年 9月11日(木) 10:00~17:00 東京

講座カテゴリー:オペレーション

対   象:センター管理者、マネージャー、トレーニング担当者、SV

講座概要:下記の通りです。

ishi1901.jpgアウトバウンドで実績を上げるためにもっとも重要な要素となるスクリプトとトレーニング。本講座では、ケーススタディを交えて、アウトバウンド業務の基礎知識から実践までを学習します。体験学習を通じて、スクリプトの作成方法とスクリプトを習得させるための「1対N型ロールプレイング」を学びます。

<プログラム>
[Part1]アウトバウンドに必要な要素とは
・アウトバウンドで成果を上げるために必要な要素

[Part2]事例紹介(獲得型アウトバウンド)
・立ち上げ準備~運用~結果検証

[Part3]スクリプトの作成方法
・成功の鍵となるスクリプトとその他のツール
・いきなりスクリプトを書いてはいけない!
・スクリプトの作成手順とそのポイント

[Part4]アウトバウンドに必要なトレーニング
・アウトバウンドに必要な要素とは
・ロールプレイングの種類とメリット、デメリット

<体験学習>
【体験学習①】コール基本設計書を作成する
【体験学習②】お客様の心の琴線にふれるスクリプトを作成する
【体験学習③】1対N型ロールプレイングを体験する

<特典>
コール基本設計書、スクリプトのテンプレート

定  員: 30名

価  格:45,000円(昼食付)+税

講  師:(株)市場通信 コールセンター・コンサルタント 石橋由佳

受講者の声
「わかりやすく、質問にも的確に答えてくれ、的確なアドバイスをいただけた」
「具体的でわかりやすい。実践につながる」
「1対N型ロールプレイングはぜひ使ってみたいです」

詳細およびお申し込みは
ここ<RICコールセンター・キャンパス実践研修講座>をクリックしてください。

コールセンター・電話応対の電話サポート業務専用サイトはこちら

callcentersenyou1.png詳しくは、コールセンターおよび電話応対の専用サイトをご覧ください。

コールセンターの品質はモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング.その他モチベーションアップなどのいくつかのポイントをしっかりおさえることで、大きな改善が期待できます。


「答えは現場にある」をモットーに、戦略からコールの現場まで、実践的な改善を目指します。


自社でお困りの内容がきっと見つかります。


是非、クリックして専用サイトをご覧ください。

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加この記事をクリップ!  livedoor クリップに追加Buzzurlにブックマーク Buzzurlに追加

[コールセンター&電話応対の「実践!アウトバウンド講座」 in 東京] 2014年5月28日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

サービスメニュー

関連ブログ記事