HOME » 事例 » B to B WEBサイト構築コンサルティング事例 : 大手SI系A社様

B to B WEBサイト構築コンサルティング事例 : 大手SI系A社様

A社はシステムインテグレーション事業や各種システムに関するコンサルテーション、情報システム、ソフトウェア及びハードウェアの開発等ITを用いたアウトソージングサービスなどをメインに展開する会社で、売上げは1,500億円を超えている。

コンサルティング経緯

ある戦略事業における専用WEBサイトをご要望され、新規顧客獲得および既存顧客拡大戦略、営業力強化を目標としたWEBマーケティングをご提示。サイト構築における戦略・戦術を検討。CMSサイト構築への実践コンサルティングへと進めた。

コンサルティング効果

同社の目的であった認知力を高め、ページビュー数やユニークユーザーを増やし、問い合わせや引き合い数を増加させ、売上げに貢献。高頻度の情報提供が容易な本CMSサイトが同事業に大きく貢献した。

課題・ソリューションポイント

WEBマーケティングの視点から新規サイトを構築し、CMSサイト構築支援を行う。もともと知名度も実績もある大手SI会社で、同社事業における専用サイトとして、WEBマーケティングを実践。WEBサイトを活用したBtoBプル営業として、引き合いが獲得できるサイトへと移行した。

同様な展開は、次のような企業にお勧めです。

  1. 営業・販売するアイテム数が多く、すべての製品を詳細に営業担当が把握しておらず、営業活動 はつい主力製品の営業だけになってしまう(売りやすい製品だけを売ってしまう:クロスセールスやアップセールスができていない)。
  2. 営業のセールストークやカタログでは製品の良さがわからず、納得してもらうためには技術的な説明やもっと詳細なデータも必要となる(しかし、技術者が営業をするわけにはいかない)。
  3. 引き合い営業が中心であった技術系の会社で営業担当が少なく、かつ製品の市場へのアピールや営業力自体が弱い(引き合い営業であれば、技術系担当が活かされる)。
  4. 技術的な進化が速い製品が多く、製品化とともに短期間で営業・販売する必要がある(営業速度とマンパワー不足のために効果的な営業ができない)。
  5. 今までの営業・販売してきた製品とは異なったものを市場に出すために、その製品の効果的な説明や的確な営業・販売活動が困難な場合、またはそのアイテムだけの営業をする時間や営業人員が割けない場合。

コンサルティング内容

WEBマーケティング基本戦略実施プログラム構築
WEBサイト構築・コンサルティング
上記サイトアクセス増加・引き合い増加プログラム
CMS活用プログラムおよび利用開発コンサルティング

市場通信の事例一覧

このエントリーを含むはてなブックマーク  はてなブックマークに追加この記事をクリップ!  livedoor クリップに追加Buzzurlにブックマーク Buzzurlに追加

[B to B WEBサイト構築コンサルティング事例 : 大手SI系A社様] 2007年8月 5日

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

市場通信の事例一覧