HOME » コールセンター » コールセンターアウトバウンド研修ソフト「ミラクルコール」 » MIRACLE CALL(ミラクルコール) 商品詳細

MIRACLE CALL(ミラクルコール) 商品詳細

研修CD‐ROM

コミュニケーター用研修CD‐ROM(3枚)

コミュニケーター用研修CD-ROM(3枚)

スーパーバイザー用研修CD‐ROM(1枚)

スーパーバイザー用研修CD-ROM(1枚)

CD‐ROMの内容

メニュー用画面イメージ
(メニュー用画面イメージ)

第1章基礎編(1) アウトバウンドの基礎知識
第2章基礎編(2) コールの流れとポイント
第3章実践編  効果を高める技術

本編は基礎編(1)、基礎編(2)、実践編の3編から構成されています。

アウトバウンドに必要不可欠な基礎的な知識やスキルをまとめたものです。 「聞く」「話す(反復練習)」「トークを考える(テキスト)など体験型コンテンツ を組み込んだ実践的な内容になっています。

スーパーバイザー用研修CD‐ROMは上記コミュニケーター用研修内容にスーパーバイザー用の指導コンテンツを付加したものです。

Windows Media Player デモ映像を見る(LOW、778kb、1分16秒)
Windows Media Player デモ映像を見る(HIGH、1788kb、1分16秒)

わかりやすく、簡単なミラクルコールの操作性

使い方画面イメージ
(使い方画面イメージ)

この研修ソフトでは、演習(聞く)、演習(話す)、演習(テキスト)、 SUPER VISORボタンと4つのアイコン・マークがあり、それぞれをクリックすると演習や指導に役立つ内容が組み込まれています。

演習(聞く)では、コミュニケーターとお客さまの会話における「良い例」と「悪い例」を聞いて、望ましくないトークがお客様にどんな影響を与えるのか、比較することが出来ます。

演習(話す)では、アウトバウンドでよく使われる言葉や便利なフレーズ/話し方などを、サンプルを聞きながら声に出して練習することが出来ます。

演習(テキスト)は、ご自分でテキストに記入する形式の演習です。アウトバウンドでよく使われる言葉や便利なフレーズ/話し方などを、サンプルを聞きながら声に出して練習することが出来ます。

Windows Media Player デモ映像を見る(LOW、1136kb、2分6秒)
Windows Media Player デモ映像を見る(HIGH、2874kb、2分6秒)

スーパーバイザー向けの内容も充実

スーパーバイザー用画面イメージ
(スーパーバイザー用画面イメージ)

スーパーバイザーなど、指導者の方のためのコンテンツが組み込んであり、本編で学習する内容の指導ポイントや背景、現場の実情など、指導に役立つ知識を得ることが出来ます。

「SUPER VISORボタン」をクリックすると、別画面と音声で、スーパーバイザー向けコンテンツが再生されます。
なお、このSUPER VISORボタンはコミュニケーター用ソフトには組み込まれていません。

Windows Media Player デモ映像を見る(LOW、418kb、43秒)
Windows Media Player デモ映像を見る(HIGH、1045kb、43秒)


※デモ映像の閲覧には、Windows Media Playerが必要です。Windows Media Player

研修テキスト

コミュニケーター用研修テキスト
(A4サイズ 53ページ、3部)

コミュニケーター用研修テキスト

スーパーバイザー用研修テキスト
(A4サイズ 71ページ、1部)

スーパーバイザー用研修テキスト

研修テキストの内容

研修テキストの内容1研修テキストの内容2

CD-ROMの本編を補足し、その内容を確認できるものとなっています。演習でのお客さまとコミュニケーターとの会話(トークを文字にしたもの)が収められています。研修しながらのメモや、復習用としても、お使いいただけます。

スーパーバイザー用の研修テキストは、上記に加えてスーパーバイザー用指導コンテンツを付加したものです。スーパーバイザーがコミュニケーターへ基礎的な指導やトレーニングが出来る内容となっています。

目次(CD-ROMおよび研修テキスト)

はじめに
使い方1
使い方2

第1章 基礎編(1) アウトバウンドの基礎知識

  1. テレマーケティングとは
  2. アウトバウンドで大切にすべきこと
  3. アメリカにおけるコールセンター事情
  4. アウトバウンドの前提
  5. アウトバウンドの難しさ
  6. プロフェッショナルとしてのマインド(心がまえ)

第2章 基礎編(2) コールの流れとポイント

  1. アウトバウンドの流れ
  2. オープニング
  3. オープニングのポイント(正しい発声)
  4. オープニングのポイント(丁寧で、感じの良い名乗り)
  5. オープニングのポイント(お客様の御家族への対応)
  6. ご利用のお礼
  7. 通話の確認
  8. 通話の確認のポイント
  9. 内容のご説明
  10. 内容のご説明のポイント(正しい言葉遣い、話し方)
  11. 内容のご説明のポイント(正しい保留)
  12. 内容のご説明のポイント(復唱)
  13. 内容のご説明のポイント(クッションフレーズ)
  14. 内容のご説明のポイント(使ってはいけない言葉)
  15. お礼と今後のご案内
  16. クロージング
  17. クロージングのポイント
  18. 個人情報保護法とアウトバウンド

第3章 実践編 効果を高める技術

  1. アウトバウンドの成功の秘訣
  2. 人物像が想像できる声
  3. 上手な話し方
  4. アウトバウンドならではの会話の流れ
  5. 会話のきっかけを作る
  6. 切り返しトーク
  7. 質問に答える
  8. 論理的な話し方
  9. 「話す気」にさせる聞き方
  10. お客様の知識レベルに応じた対応 最後に

演習テキスト(A4サイズ 8ページ、4部)

演習テキスト演習テキストの内容

この演習テキストは CD-ROMのガイダンスに従って学習できます。
状況に応じた話法、敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)での回答の仕方など、演習フォーマットや解答例が添付されています。

教育用の演習テキスト作成に時間や労力がかかっていたコールセンターでは、今までにない効率的な演習ができます。

オペレーションツール作成テンプレート(A4サイズ 24ページ、1部)

オペレーションツール作成テンプレート オペレーションツール作成テンプレートの内容1 オペレーションツール作成テンプレートの内容2

スクリプト・切り返しトーク・FAQなど、標準的なアウトバウンドのツールのひな形を用意いたしました。オペレーション経験をお持ちの方なら、短時間で効果的なツール作成が可能です。オペレーションツール作成テンプレートは、スクリプトやテンプレートの使い方、あるいは具体的なスクリプト作成、切り返しトーク、FAQの作成方法をわかりやすく解説しています。これらに従って、誰でも簡単にスクリプト作成を学習することができます。

「申し込み獲得コール:資料事前送付タイプの作り方」
「申し込み獲得コール:資料事前送付無しタイプの作り方」
「申込確認用サブスクリプトタイプの作り方」
「切り返しトークの作り方」
「FAQの作り方」

ミラクルコール動作環境

必要動作環境

※必要最小限の環境です。マシンの個体差でスムーズに再生されないケースもございます。
OS:Windows98SE、Windows2000、Windows Me、Windows XP
CPU:Pentium3 800mhz以上
モニタ:解像度800×600以上(コンテンツはフルスクリーンで表示するものとします)
メモリ:256Mb以上
音声が再生できる環境
CD-ROMドライブ

推奨動作環境

※コンテンツをスムーズに再生するために必要な環境です。
OS:Windows XP
CPU:Pentium4 2.4Ghz以上
モニタ:解像度1024×768以上
メモリ:256Mb以上
音声が再生できる環境
24倍速以上のCD-ROMドライブ

充実の6種類の研修ツールが1セットになって、この価格

ミラクルコールは1人のスーパーバイザーと3人のコミュニケーターが活用できるように、

6種類の研修ツールが1セットになっています。

税込価格¥149,100 (本体価格 ¥142,000 送料込み)

ミラクルコール ご注文はこちら

詳しくは、このコールセンター専用サイトをご覧ください。コールセンターのモニタリング、スクリプト、電話応対研修、トレーニング、モチベーションアップなど、自社でお困りの内容がきっと見つかります。

サービスメニュー

関連ブログ記事